大報恩寺遺跡出土の宋代シルク、南京で初の「里帰り」展

草莓28

2018-09-04

      【淘金早评】大盘,热点板块,龙头个股,一个都不能少!!!打造极具参考意义的复盘笔记!  大盘回顾  上周五沪指全天维持宽幅震荡走势,午后在保险股带动震荡翻红,医药股表现亮眼,伊利股份、中国平安、海信电器等多只白马股大跌,但沪指上方仍受压5日均线、10日均线,弱势格局或将延续。截止收盘,沪指涨%,报3082点;深成指涨%,报10324点;创业板指涨%,报1805点。个股涨多跌少却是冰火两重天之势,涨停板仅20个,跌停板27个,210只个股大跌4%以上。从板块上看,医疗保健、券商、环保、足球概念、机场航运等板块上涨,电子发票、国产芯片、软件、集成电路、半导体、数字中国等板块下跌。  虽然大盘短线风险不大,但个股调整的风险却不小,周五两市总龙头华峰股份七连板被砸,其他的人气股如天津普林,吉大通信,凯伦股份,晓程科技,科大国创,或开盘闷杀或开盘后大幅杀跌,新开板的次新股持续大跌,如彩讯股份连续跌停以及芯片,5G,国产替代等主流题材大幅杀跌,给市场一记重创亏钱效应大增。

  此外要规范收费管理。校外培训机构的收费时段与教学安排应协调一致,不得一次性收取时间跨度超过3个月的费用,培训机构收费项目及标准应当向社会公示。大報恩寺遺跡出土の宋代シルク、南京で初の「里帰り」展

  这次会议有37户企业与金融机构签订意向协议,合计签约额达24亿元。  阜新市工信委将会同中国人民银行阜新市中心支行继续加大金融服务实体经济的力度,在确保首批55户“白名单”企业对接项目全部落地的基础上,积极谋划第二批“白名单”企业,为本土企业发展营造良好的融资环境,推动经济社会实现高质量发展。  沈阳日报讯(沈阳日报、沈报融媒记者刘洋)近日,记者从辽宁省统计局获悉,1-7月份,沈阳市规模以上工业增加值同比增长%,增速高于全国水平个百分点。

  到了冬天,老板就喊着让进店里吃饭、取暖。”  炎炎夏日关爱暖人心  记者联系到为环卫工人们提供“爱心早餐”的鸿润金园商务酒店负责人尹一,她告诉记者,环卫工人们太辛苦了,去年无意中了解到这些环卫工人大多都没有时间吃早餐。于是,从去年7月份开始,她每天坚持为附近环卫工人提供免费早餐,一开始知道的人不多,后来慢慢地,知道的人越来越多,每天来的环卫工人也逐渐增至60多人,到快过年那段时间,有100多人。他们每天早上7时准时开门供应早餐,一开门就坐满了环卫工人,差不多到8时左右结束。

      一位女士曾讲过这样一个梦:我梦见走进一座房子,这座房子的顶和壁都是玻璃的,仿佛是个花房。房子中间有一条大蛇,被扣在盆子里,好像上面有一个玻璃罩子。

 【新華社南京8月15日】中国江蘇省南京市にある長干寺(大報恩寺の宋代の呼称)地宮で、千年もの間封印されていた58点の宋代(960~1279年)の絹織物の文化財が、10年近い保護修復を経て、先週から南京で初公開されている。  大報恩寺はかつて南京で最も悠久の歴史を誇っていた仏教寺院で、その前身は三国時代東呉期(222~280年)の建初寺までさかのぼる。

千年余りの間に廃寺と再建を繰り返し、寺の名称も幾度も変わった。  歴史上の大報恩寺ははるか昔に戦火で消失したが、2007年2月から南京市博物館が国家文物局の許可を経て、大報恩寺遺跡の発掘調査を開始した。 地下宮殿からは豊富な各種の供養に使う道具類が出土した。 中には金、銀、銅、水晶、ガラス、メノウ、絹、香料などさまざまな材質の文化財が含まれていた。

 これら北宋真宗皇帝の大中祥符34年(1010~1011年)の文化財は、675メートルの地下深く、しっかりと密封された鉄製の箱の中に千年間安置され、完璧に保存されてきた。

中の絹織物は、当時の江南道昇州(現在の南京市)を中心とする善男善女たちが長干寺舎利塔建設のために寄贈したもの。

 出土後、貴重な絹織物文化財がこれ以上傷まないよう、浙江省杭州市の中国シルク博物館は2009年以降、南京市博物館の委託を受けて、地下宮殿から出土した絹織物文化財の保護修復と研究を行ってきた。 10年近い修復作業を経て、これら宋代絹織物の輝きが再びよみがえった。  シルク展を一般の人々により分かりやすく解説し、知名度と影響力を高めるため、大報恩寺遺跡博物館は南京市博物館総館と共同で関連講座を開催し、人々に宋代シルクの知識を解説するという。

 当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。

無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。 推薦記事:。